木山製作所的毎日|最近の木山製作所、こんなことしてます|株式会社木山製作所

平成の総決算、そして新しい元号に変わる年。
記念に残る年になるといいなぁ…。

FRI 08 February 2019

北からの帰り道

北方面からの帰り道にもかかわらず、

富士山を拝むことができました。

いつ、どこから見ても美しい。

自然に感謝。

FRI 01 February 2019

正直イラつく

柏工場は順調に稼働し、安定した生産を続けています。

よしよしヾ(・ω・`)

PCも徐々に増え、情報の整備が進んでいます。

 

しかし…

ネットワークとやらは、なかなか厄介。

正直イラつく(ーー;)

人間同士のように、笑顔と挨拶でだいたいはOK、みたいには行かないのだろうか。

THU 31 January 2019

7年目の再訪

東日本大震災の津波によって流された写真の、洗浄のボランティアに参加したのは、大よそ7年前。

http://www.kiyamaseisakusyo.co.jp/blog/2012/11/?post_type=blog

その時以来の仙台だったので、以前に訪れた地域を再訪しました。

 

私が7年前に訪れたときは、ガレキの撤去が済んだ頃でした。

辺り一面何もないところ。

でも実はそこは密集した住宅が津波ですべて流された地区。

良く見れば、家々の土台が区画ごとに残され、各所に小さな花が供えられていたような、そんな状態の時でした。

 

そして今回、同じ場所を尋ねました。

カーナビには無い道を進むと、小高い場所に整備された地域に、奇麗な家が並んでいました。

2階まで浸水し、3時45分を示したままの時計が残っていた学校も、解体され近代的な立派な建物に変わっていました。

あの時の状態を知らなければ、ここが津波で流された一帯だなんて、信じることができないほど、町はきれいに整備されている。

仙台に近いこのような地域は、生活の復興は確実に進み、心の復興もずいぶん進んだのでは、と思わせる風景です。

 

でも、忘れ去られてしまうようで…

車で走っていた、だんだん怖くなってきました。

地元の人は「見たくない、思い出したくない」との思いが強いでしょう。

でも「何もなかった」みたいになってしまって、100年後、1,000年後の未来の子供たちに、伝えることができるのかなぁ…

部外者が思う、無責任な正論が、頭に浮かびました。

 

更に海に近いほうに進みました。

以前も訪れたこの辺りは、まだ7年前の道路や歩道が少し残っていました。

道路には、津波の持つ想像もできない強い力が、ガレキをかき回して作った大きな傷があちこちに。

津波の恐ろしさを、実感した場所でした。

ちょうどその道路が、掘り返されているところだったので、なんとも言えない気持ちになりました。

 

復興…

難しいですね。

地元の方々は、本当に苦労されていると思います。

TUE 15 January 2019

柏神社からスタート

松戸市の隣、柏市に第二工場を出してから、初めての新年。

柏工場の成功を祈願をして、全員で「柏神社」に参拝に出かけました。

その後、近くの会議室で、半期の方針発表会を行いました。

とにかく「育成」重視。

ムダを省いて、できた時間を「育成」へ。

必要なのは、技術力、人間力を高めること。

そうすれば、売上や利益は後からついてくる。

そんな話で2019年、平成最後の年を突き進むことを確認しました。

 

その後は、柏で新年会。

今回のお店は、従業員が昔働いていたイタリアン。

その店の店長に「彼(従業員)、シッカリやってますよ」と伝えることができた。

転職してもお付き合いがあり、昔の従業員の成長を喜ぶ店長の姿が、とても印象的でした。

ごちそうさまでした!

 

さて、今年も頑張ろう(^o^)/

FRI 11 January 2019

質より量

千葉県にある、とある大学の講壇に立たせていただいた。

テーマは「モノづくり」の仕事について。

就職活動解禁を直前に控えた、大学三年生が対象の授業。

ちょっとは興味持ってくれたかなぁ…。

70分の講義の最後、一言アラフィフのお説教を付けさせてもらった。

「大学卒業してからの5年間の働き方が、一生を決める」

「今は何も分からないんだから、とにかく質より量で、働け」

40歳過ぎるとわかるこの意味。

彼らがその年になるまでの、これからの20年間を、ずっと導き続ける大人の責任は重い。

MON 07 January 2019

増強の年

新年あけましておめでとうございます

 

今年は昨年以上に、人と設備を増強させていく計画です。

これによって品質・納期・価格の質を向上させて、お客様の満足度を高めていきます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

たくさんの年賀状、ありがとうございました。

 

THU 27 December 2018

エグイなぁ…(^_^;)

デザインフェスに出展して、1か月が過ぎました。

ブースに寄っていただいた方々、そして何より商品をご購入いただいた方々、本当にありがとうございます。

 

そこそこ好評だったようで…。

本プロジェクトの責任者、エンジンがかかった様子。

次の出展に向けて、準備が始まっています。

 

しかし…

なかなかエグイもの…創ってるなぁ~(^_^;)

担当者曰く「金属の質感と、切削加工の精密さが、甲殻類のグロテスクさを際立たせる」と笑顔で語っております(-_-;)

 

まぁ確かに際立ってる。

しかしこれって、一体今後どうなるんだろうか…

FRI 21 December 2018

冬のインターンシップ

冬のインターンシップ。

マッチングの会場に来ています。

大学3年生、2020年度卒者が対象ですから、さすがに来場者は少なかった。

それでも、就職のことを真剣に考える学生たちの志に、刺激を受けました。

 

2019年2月。

木山製作所では、インターンシップの一環として、『モノづくり体験会』を行います。

HPのお問い合わせフォームから、『インターンシップ』または『モノづくり体験会』参加希望、として、連絡をください。

こちらから連絡させていただきます。

WED 12 December 2018

学生との懇親会

2019年3月に卒業予定の学生と、懇親会を行いました。

ガチガチに緊張する学生たちをケアするのは、会を主催した、20代の社員たち。

彼らも、学生達と並べば「ちゃんと社会人やってるなぁ」と実感しました。

 

この会が終わると、来週から早速2020年度卒、今の3年生を対象にした採用活動が始まります。

1年後、今日のメンバーと一緒に、新しい人と集う懇親会が行われることでしょう。

今からすでに楽しみです。

 

 

 

SAT 01 December 2018

合格にたどり着く力

合格品が並んでいました。

朝、工場を歩くと、昨晩担当者が悩んでいた加工品が、三次元データの合格成績書付きで並んでいた。

120度に振り分けられた横穴の位置度と、旋盤で決める立壁の直行度のレンジが厳しい加工。

事前に計画していた加工方法では公差を満足できないし、納期は迫ってるし…

そんな状況の中、夕方5時から、加工方法を1から全面的に見直すという決断をした。

 

測定を手伝ったり、知恵を出し合った仲間と共に、「合格」にたどり着いたのは昨晩の10時。

努力の甲斐あり、今朝から量産をスタートさせる体制を作ることができた。

技術力に加え、決断力、協力、努力。

これぞ現場力!

なんかそういうのイイね。

木山製作所的毎日

平成の総決算、そして新しい元号に変わる年。
記念に残る年になるといいなぁ…。

2019.04.23
あれかぁ…
2019.04.22
神々しい
2019.04.15
ついにその時が来た
2019.04.06
カレー選手権
2019.04.01
お祝いから始まる時代
2019.04.01
みんなでサボった
2019.04.01
願いを込めて【昭和の根性論】
2019.04.01
新しい朝
2019.03.26
さて来週から、
2019.03.25
勢力拡大
2019.03.24
旋盤とCAM
2019.03.23
春霞
2019.03.22
献血
2019.03.21
ピンポンパンポンは19番
2019.03.20
プラス防犯
2019.03.18
基本は清掃
2019.03.17
ジワっと出てくる
2019.03.15
明るいサヨナラ
2019.03.04
雨の中スタート
2019.02.15
いつまでも

木山製作所的毎日バックナンバー

ご相談・お見積り依頼

NC旋盤加工のスペシャリスト、切削加工はお任せ下さい 047-311-2671 受付9時から17時まで 土曜、日曜、祝祭日は除きます。 無料相談はこちらから