木山製作所的毎日|最近の木山製作所、こんなことしてます|株式会社木山製作所

平成の総決算、そして新しい元号に変わる年。
記念に残る年になるといいなぁ…。

TUE 16 October 2018

撮影スタート

撮影スタート

どんな作品になるんだろう。

知らない業界の人と仕事するのは、刺激があって楽しい。

FRI 28 September 2018

37時間

高雄空港に初めて降り立った。

台湾の工作機械メーカーを見学するために。

機能、性能は、日本製と変わらない。

だからこそ『我が社に合った設備って、なんだろう』と新たに考えさせられる機会となった。

 

基本的な構造は30年の単位で変わっていない成熟したこの業界。

世界中の機械メーカー同士、ベンチマーキングによる熾烈な販売競争が行われている。

それは価格競争に陥るギリギリのところを、今の好景気がなんとか支えているだけかもしれない。

という事は、ユーザーとしての私たちは、機械メーカーの努力以上に『強み』を明確にしなければならないのかもしれない。

 

2泊3日で滞在時間は37時間。

強行スケジュールではあったけど、考えさせられる旅になった。

THU 27 September 2018

松戸の空に秋が映ってた

『エンドミルが欲しい』

今日も呼ばれた、柏工場に。

立上げだから仕方ない。

想定内のバタバタを、ここのところ過ごしている。

 

2018年9月吉日。

木山製作所は、柏市に新工場を立ち上げました。

松戸本社工場と柏工場、2拠点での製造が始まりました。

基本的な生産活動は、計画通り日々順調に行われ、一安心。

でもやはり新しい環境ゆえに、ちょっとした道具が不足などは否めない。

本社とは車で20分の距離。

なので、良くも悪くも良く呼び出される。

 

命の危険を警告された、今年の猛暑もどこへやら。

柏工場からの帰り道。

松戸本社のある西の方角は、すっかり秋の色を空に映し出していた。

本当に、本当に、始まったばかり。

色々大変だけど、今年の目標通り『笑顔』で前に進んでいきたい。

MON 10 September 2018

願いを込めて

仕事に関する相談やお願い事は、浅草寺と浅草神社へ。

私にとって、この習慣が始まってからまもなく20年。

浅草での生活から離れた今でも続いている。

今日は大事な願い事があるので、早起きして、出勤前に寄ってきた。

 

新しいプロジェクトが成功し、皆が笑顔で過ごせますように!

という願いを込めて。

FRI 07 September 2018

来週から楽しみ!

大きなプロジェクトが、今週末から本格的に動き出す。

その決起集会である1次会が終わり、2次会へ向かう道のり。

やっぱり、仕事の話など一切出ず、結局いつもの飲み会になっちゃったけど。

それでヨシ。

来週から楽しみ!

頑張るぞ!!

 

WED 29 August 2018

最初の人

会社には三台の投影機がある。

その内1台がボロくなったので、新しいモノと入れ替えた。

右が新品。

左は昭和から使われている現役バリバリモノ。

 

見た目はなんとなく最近っぽくなった。

でも、実は機能としては、まったく変わっていないことにちょっと驚いた。

このシンプルで使い勝手の良い機能を、最初に考えた人はエライ。

TUE 28 August 2018

高校生

高校生の就職活動が、本格的になる時期が近づいてきました。

求人票を持って、高校を訪問する機会がありますが、若い活気に溢れていて、良いですね。

こちらが元気をもらいます。

 

新卒に限らず、既卒者も随時募集中。

会社・工場見学は毎日やっていますので、総務までお気軽にお問い合わせください。

FRI 03 August 2018

下品だね

金曜日、夕方。

今週が終りを迎えようとしています。

本当に恐ろしいほど、猛烈な暑さが続いています。

関東以南は、連日35度以上。

40度超えが何度あったか。

まだまだ出口が見えない。

頑張って乗り切る、とか、そういう感じではなくなってきてるように思えます。

 

子供の頃の記憶では、夏休みに32度を超える日は、数えるほどだったような。

8月もお盆近くになると、夕方にサーっと冷たい風が吹き、ザーッと雨が降る「夕立ち」が来る季節。

アスファルトから漂う独特の季節の香りの中、公園の木陰に雨宿りをし、涼しい空気を心地よく感じたモノでした。

 

そんな情緒もどこへ行ったか、「ゲリラ豪雨」という下品な名前に変化し、避難を勧告されるほどに。

それでも生きていかなければなりませんからね。

 

皆さま、ご自愛くださいませ。

SAT 28 July 2018

心の傷と時間

毎年恒例の技能検定試験が始まった。

ワークは難しいものでは無いけれど、独特の緊張感が、彼らの実力を露呈させます。

今年は4名が受験した。

その中に2名に1級受験者がいる。

彼らは、リーマンショック後、本当に苦しい時に入社した者たち。

数年前からグループのリーダーを務めるようになり、入社8年目にして、ついに1級に挑戦する実力が備わり今日を迎えた。

リーマンショック。

苦しかったあの時のことは、今でも心の中に、大きな傷として残っている。

それでも、今日の二人を見れば、時の流れと共に、現場は確実に成長していることを実感できる。

これから先も「時間」は皆同じ。

心の傷を忘れることなく、これからも成長していきたい。

THU 26 July 2018

同じかもしれない

初めてベトナムを訪れたのは、1996年。

ホーチミンの街はシクロとバイクでいつも大渋滞。

視界に入る車は3台程度。

おばちゃんたちは、担いできた天秤を器用に分解し、道端でフォーを作る。

この美味しさを求め、ホテルの朝食は取らなかった。

ギラギラの太陽の下、真白なアオザイ姿の女子高生が、自転車に乗って集団で通学する風景は、本当に美しいモノでした。

 

あれから22年。

シクロが走れるエリアは観光地のみとなり、フォーの人気店はネットで紹介され、アオザイ姿はホテルのレセプションだけとなった。

それでも、変わらないのは、道端に置かれたプラスティックのイスに座って飲むベトナムコーヒー。

その独特の味わいは、22年前の一人旅を思い出させてくれました。

 

交差点では、もの凄い量の車とバイクが行き交い、常にクラクションが鳴り続けている。

それを眺めながら、ボーっと座っていると、自分がいる場所が現実じゃないような、映画を見ているような、そんな状態になる。

 

それって…

もしかしたら、轟音と共に打ち寄せる高波を、浜辺に座って、ただ見ている時の気持ちと同じかもしれない。

スゴイ轟音の中なのに、リラックスしている状態。

もしかしたら、それが私をベトナムへ惹きつけている理由なのかもしれない。

木山製作所的毎日

平成の総決算、そして新しい元号に変わる年。
記念に残る年になるといいなぁ…。

2019.02.01
正直イラつく
2019.01.31
7年目の再訪
2019.01.15
柏神社からスタート
2019.01.11
質より量
2019.01.07
増強の年
2018.12.27
エグイなぁ…(^_^;)
2018.12.21
冬のインターンシップ
2018.12.12
学生との懇親会
2018.12.01
合格にたどり着く力
2018.11.30
8/30 量産するぞ!
2018.11.29
学生諸君!
2018.11.22
2018.11.20
200
2018.11.16
Made in Tokyo
2018.11.11
次につながる
2018.11.10
極力ご遠慮ください
2018.11.10
20代に煽られて
2018.11.09
デザインフェスタに出店します
2018.11.09
律する機械
2018.10.27
リスク回避したいけど

木山製作所的毎日バックナンバー

ご相談・お見積り依頼

NC旋盤加工のスペシャリスト、切削加工はお任せ下さい 047-311-2671 受付9時から17時まで 土曜、日曜、祝祭日は除きます。 無料相談はこちらから