木山製作所的毎日|最近の木山製作所、こんなことしてます|株式会社木山製作所

平成の総決算、そして新しい元号に変わる年。
記念に残る年になるといいなぁ…。

MON 11 July 2016

ボチボチ

お、さっそく始まったね。

ボチボチ行こう!

IMG_1781

SUN 10 July 2016

ドイツから

あいにくの雨ですが、新入りが搬入されています。

IMG_1769

欧州から、はるばる船で運ばれてきました。

 

ドイツ製を扱うのは初めて…じゃないんだな。

10数年前まで、ギルデマイスター(シュッテだったか)の6軸自動旋盤が、工場では動いていました。

その機械の中を覗けば、恐ろしいほど重厚で精密に稼働する歯車やシャフト類に、ドイツ製のすごさを感じたことを思い出します。

 

「いよいよ処分」という時、皆で機械を解体しました。

日本製のそれと比べて、重厚な作りのため、解体に3倍以上の時間がかかったことを思い出しました。

 

今回はマシニングセンタ。

SIEMENSの取り扱いは初めてですが、それも楽しみ。

長いお付き合いができるといいです。

IMG_1777

THU 30 June 2016

10年

このブログを始めて、今月で10年が経ちました。

いつかこんな時が来るんだろうなぁ、と思っていましたが…

本当にこの日が来て、驚きというか、あっという間、というか。

 

2006年6月。

その当時は、工場に新しく導入した設備の紹介等を目的としてはじめました。

そのうち中心になって来たのは、品質管理、人材育成などの紹介等。

と、言いつつ、半分は私の「独り言」みたいな…。

 

毎年なんだかんだ設備・検査機器が更新されているけど、

最新機の5軸機ばかりが揃ってきたか、というとそうでもなく、中古のNC旋盤を活用した方が投資効果は圧倒的に高かったり。

 

外でもいろんなこと、ありました。

リーマンショック、震災、工場の移転…

特に震災の時は、感じることが多かった。

思いやり、助け合い、深い悲しみ、感謝、安心、ふつうの生活…。

日本人の良い部分が表に出て、それを感じられる機会が多かったと思いました。

 

もちろん、会社を辞めていった人がいる。

その中で、やっぱり一番辛いのは、残念ながらハッピーエンドで終われなかった人が、若干名いたこと。

何よりこれが辛い。

でもその分、新しい出会いもありました。

 

お客さんついては、ネットを通じて新しい方とのお付き合いが増えた一方、

協力業者さんの方は、やっぱり昔からの変わらないお付き合いが結局は多かったり。

 

20代で入社してきたヤツらも、もう30後半のイッパシ大人。

彼女ができて、結婚して、子供ができて、家を建てて、二人・三人目の子供ができたり。

そもそも私自身、中年も更に後半の方に差し掛かり、そういう話の嬉しさが身に染みるようにな年になりました。

 

いやー、なんというか、10年だなぁ…。

そんな今の気分です。

 

とんがった芸がないので、こういうこと地味に続けると、そのうちイイことあると思って、これからもマッタリ続けていくつもりです。

なので、従業員各位、ネタ募集中。

 

今後ともよろしくお願いします。

TUE 21 June 2016

どこ行った⁈

図面を持って、工場内をウロウロ。

あっちの担当者も、こっちの責任者も見つからない。

なんだよ、みんなどこ行きやがった!

 

ちょっと声を荒げて聞いた。

「リーダーが見当たらないけど、どうした?」

「献血、行きました」

あ、そういうことか…。

IMG_1729

みんなエライ!!

FRI 17 June 2016

移ろう

春の日差しの中、スキーキャリアを車から降ろすのは4月。

5月、初夏の乾いた強い日差しは、私にとって御神輿のシーズン。

その時期、浅草を中心としたあちらこちらで大きなお祭りが行われ、それぞれの巨大神輿が、6月初めにかけて週末ごとに私の肩を痛めつけます。

興奮の余韻と、肩の痛みが残る、6月の2週目。

この頃の日差しは、梅雨の合間をぬって、突然真夏の力強さを運んできます。

もう、そんな時期だなぁ。

今年もすでに、半分が過ぎようとしています。

IMG_1716

季節は移ろう。

今日の松戸の、夕方の空。

真夏の日差しが、梅雨の雲に阻まれつつ、出番を待っているような、そんな美しい空でした。

 

WED 08 June 2016

バンキン

木山製作所的板金中。

ってか、ぶったたいてるだけにしか見えないけど…。

IMG_1655

機能面では問題なかったようなので、合格としましょう。

IMG_1654

MON 06 June 2016

検査会場

健康診断中。

会社の食堂が検査会場に変わります。

 

健康第一。

身に勝る宝なし、ですよ。

ホント、年を重ねるごとに思います。

IMG_1652

 

 

TUE 24 May 2016

自転車通勤

暖かい日、いや夏日が続いていますね。

5月なのに30度近くが数日続いています。

でも空気は乾燥していて、気持ち良い!

IMG_1624

こんな時期は、自転車通勤組が増えます。

しかし、みんなイイ自転車乗ってるなぁ…。

WED 11 May 2016

助かってます

熊本では、今もなお多くの方々が避難生活を強いられている。

 

そんな昨今、高速道路を走っていると、「災害派遣」の幕を帯びた自衛隊の車とすれ違う。

先日、その自衛隊の車を追い越そうとしたら、

FullSizeRender

『松戸』って書いてあった!

 

会社の近所には、航空自衛隊の駐屯地がある。

そこから来てるんだぁ。

がんばれ~ 応援してます!

そんな気持ちで、届かないエールを送った。

 

さて、その幕に書かれた「需品教導隊」なる部隊。

恥ずかしながら、何も知らなかったので、ネットで調べて見た。

【需品】⇒各種後方支援活動を任務としている。災害派遣では給食入浴支援などで活躍。

【教導】⇒陸上自衛隊の職種学校における教育支援を任務とする部隊

(By Wiki)

後方支援の教育を行う部隊という事でしょうか。

 

後方支援と言えば「補給」と言う言葉を思い浮かべる。

インパールやガダルカナルでの悲惨な結末は、お粗末な補給計画も一つの要因と言える。

1日1食でも食事ができるのと、1週間も飲まず食わずでは、戦闘能力も数倍違うだろう。

その意味では、戦術的に大変大きな役割を持った部隊だと思う。

食糧供給だけでなく、調べてみると面白いもので、『野外選択セット』などの変わった設備を保有している。

CIMG1176_R[1] (netより引用)

まぁ、洗濯機をくくりつけてあるだけ、と言えばそれまでだが…。

この部隊に所属すると、家事が上手になるらしい。

今回も、食事や、風呂などの支援に行かれるのでしょう。

 

ご存知の方も多いと思いますが、自衛隊は災害現場で炊き出しを行いますが、それを食べません。

彼らは、炊き出しを片付けた後、冷えたレトルト食品や缶詰などを、車の中で食べます。

差し入れを受け取ることはできず、風呂にもほとんど入らないそうです。

 

自衛隊については、政治的にいろいろ言われているのが最近の実情です。

しかし、彼らはただ「日本を守りたい、助けたい」という思いを行動に表しているだけだし、

間違いなく、被災地の方々は助かっているはず。

そんな彼らに、私は純粋に感謝の気持ちを抱きます。

 

SAT 23 April 2016

シェイクダウン

工学院大学レーシングチームに、部品を提供させてもらいました。

http://www.ns.kogakuin.ac.jp/~wwa1032/

フロントハブ組付

リアハブ組付

 

そして先日、シェイクダウンという事で、報告をいただきました。

車両全体

工学院走行写真

 

Youtubeで、走行シーンを見ただけですが、かなりの迫力ですな。

https://youtu.be/8G0GpEG-c3I

 

学生が何かに打ち込んでいる姿は、とてもイイものです。

希望・未来、そんなことが自然とイメージできます。

 

だからこそ、とにかく事故に気を付けて!

一生懸命何かに打ち込んで、倒れるまで仲間と遊んで…それでイイから、とにかく怪我なく普通に家に帰ってね。

 

そんな親心(年寄目線)でシェイクダウンの報告を聞きました。

 

木山製作所的毎日

平成の総決算、そして新しい元号に変わる年。
記念に残る年になるといいなぁ…。

2019.04.23
あれかぁ…
2019.04.22
神々しい
2019.04.15
ついにその時が来た
2019.04.06
カレー選手権
2019.04.01
お祝いから始まる時代
2019.04.01
みんなでサボった
2019.04.01
願いを込めて【昭和の根性論】
2019.04.01
新しい朝
2019.03.26
さて来週から、
2019.03.25
勢力拡大
2019.03.24
旋盤とCAM
2019.03.23
春霞
2019.03.22
献血
2019.03.21
ピンポンパンポンは19番
2019.03.20
プラス防犯
2019.03.18
基本は清掃
2019.03.17
ジワっと出てくる
2019.03.15
明るいサヨナラ
2019.03.04
雨の中スタート
2019.02.15
いつまでも

木山製作所的毎日バックナンバー

ご相談・お見積り依頼

NC旋盤加工のスペシャリスト、切削加工はお任せ下さい 047-311-2671 受付9時から17時まで 土曜、日曜、祝祭日は除きます。 無料相談はこちらから