木山製作所的毎日|最近の木山製作所、こんなことしてます|株式会社木山製作所

平成の総決算、そして新しい元号に変わる年。
記念に残る年になるといいなぁ…。

「悲痛な叫び」の記事一覧

TUE 01 August 2017

泣くよ

 

穴あけ、キビシイぃ!

モネル、2φ、7D。

ここまでは良いのだが、ナント角度指定のある、斜め穴。

 

設計上、もうちょっと何とかならないもんでしょうかね??

加工屋的には、泣きました…。

 

 

 

 

WED 19 April 2017

諸先輩の愚痴にも負けず

学生の就職に関する講演会へ。

遠方から来られた方もいらして、この分野に関する関心の高さ実感します。

昨年、社内で『ゆとり世代』に関する勉強会を行っていた経緯もあり、

講演会の内容としては、社内勉強会の確認、という感じでした。

 

私から見て、30年以上若い世代が生きる社会。

今後『人口減少』という構造的なデメリットはあるのは事実。

でも、根本的には明るい彼らと接すると、「未来」とか「可能性」なんかを感じ、やっぱり『若いっていいなぁ』などと普通にオッサンらしく思うわけです。

 

『最近の若いヤツはダメだ。私の若いころは…』

3,800年前の粘土板に書かれた言葉。(トルコ・アナトリア博物館所蔵)

プラトンが『最近の若者はダメだ。このままだとどうなるのか』と言ったのは、2400年くらい前かなぁ。

 

まぁそんなこんなですが、諸先輩方の愚痴にも負けず、我々はただ将来を見て、頑張るのみ!!

今年も良い出会いがあるといいなぁ。

会社見学、お気軽にお問い合わせください。

 

TUE 22 November 2016

言葉の記憶

強い揺れを感じたのは、朝6時少し前。

テレビは、緊急の番組に変わりました。

福島県沖で大きな地震が発生しました。

 

アナウンサーが繰り返します。

「津波の恐れがあります。高台へ逃げてください」

 

テレビから流れる、この呼びかけを聞くだけで、5年前を思い出す。

そして不安で悲しく、胸が締め付けられるような、そんな記憶が呼び起されます。

朝食の時間でしたが、なんだか頭の中の血流が上がって、緊張が増し、食欲が出ませんでした。

 

東京と千葉で震災を体験した私でさえ、こんな気持ちになるのですから、

震災で大切な人を亡くされた方々は「津波」という言葉を聞いただけで、どれだけ不安になるか、

少しだけ想像できるようになりました。

 

「災害は忘れた頃にやってくる」

5年前を経験した者に課せられた大きな責任だと、改めて思いました。

 

THU 08 March 2007

零細企業の悲痛な叫び・・・届かずとも②

こらー!
ケンカ売ってんのかぁ!

木山製作所的毎日

平成の総決算、そして新しい元号に変わる年。
記念に残る年になるといいなぁ…。

2019.02.01
正直イラつく
2019.01.31
7年目の再訪
2019.01.15
柏神社からスタート
2019.01.11
質より量
2019.01.07
増強の年
2018.12.27
エグイなぁ…(^_^;)
2018.12.21
冬のインターンシップ
2018.12.12
学生との懇親会
2018.12.01
合格にたどり着く力
2018.11.30
8/30 量産するぞ!
2018.11.29
学生諸君!
2018.11.22
2018.11.20
200
2018.11.16
Made in Tokyo
2018.11.11
次につながる
2018.11.10
極力ご遠慮ください
2018.11.10
20代に煽られて
2018.11.09
デザインフェスタに出店します
2018.11.09
律する機械
2018.10.27
リスク回避したいけど

木山製作所的毎日バックナンバー

ご相談・お見積り依頼

NC旋盤加工のスペシャリスト、切削加工はお任せ下さい 047-311-2671 受付9時から17時まで 土曜、日曜、祝祭日は除きます。 無料相談はこちらから