木山製作所的毎日|最近の木山製作所、こんなことしてます|株式会社木山製作所

平成の総決算、そして新しい元号に変わる年。
記念に残る年になるといいなぁ…。

「技術のこと」の記事一覧

TUE 23 April 2019

あれかぁ…

あ、あれ作ってんのかぁ…

エグイなぁ(;´Д`)

MON 22 April 2019

神々しい

梱包の順番を待つ部品。

神々しく輝いていた。

手に取って拡大鏡で見てみたが、旋盤のヒキメがほぼゼロ。

連続加工で、これだけの輝きを保ち続けるのは、結構難しい。

たいしたもんだ。

 

MON 25 March 2019

勢力拡大

柏工場の稼働が始まって半年。

松戸工場に元々あった設備を移動した、ということもあって、稼働は順調です。

さて、スペースの空いた松戸工場。

設備を導入する予定でしたが、いろいろと事情があり、そう簡単にはいかない。

 

そのスペース利用して、検査と物流のチームが着々と勢力を拡大しています。

小ロット、短納期で対応するためには、どうしてもそれなりのスペースが必要になってきてしまう。

極端な場合では、目視や出荷前検査そして梱包作業が、加工時間より長く、ボトルネックになってしまうことさえあります。

なかなか悩ましいところです。

SUN 24 March 2019

旋盤とCAM

数年前に立ち上げた、IT化プロジェクト。

社内のインフラ整備、デジタルリテラシー向上…

めげずに今も進めております。

 

少し進化して、プロジェクトは全製品CAD化の段階に来ている。

マシニングに比べ旋盤は、CAMによるプログラム作成で不向きな要素がまだまだ多い。

だからこそ、未知の可能性を秘めている。

どうなるかあれこれ考える前に、来たる完全自動化時代に備え、まずはデジタル化だ。

 

プログラムは「手打ち」で育った我々世代の、特に優秀な人の作るNC旋盤のプログラムは、合理的且つ人間的でとても美しい。

反対に、機械=CAMで吐き出されたプログラムは、どこかブコツで味気がない。

でも、そんな美しいプログラムを作る職人を育てるには、やっぱり10年かかる。

残念ながら、時代はそこまで待ってくれない。

今以上に、人間が人間らしい仕事に集中できるために、基盤を整えていこうと思う。

MON 18 March 2019

基本は清掃

計測器の一斉点検が始まった。

いろいろやることはあるけれど、基本はやっぱり清掃。

アルコールと布、そして歯ブラシを使って、丁寧に磨く。

 

最近では、取り扱いのマニュアルの1ページ目が「ゼロ点検」ではなく、「清掃」に変わった。

そりゃそうだよな。

ノギスから三次元測定機まで…

100は優に超える測定器の数。

通常業務を進めながら、なかなか大変な仕事です。

1 / 2412345...1020...最後 »

木山製作所的毎日

平成の総決算、そして新しい元号に変わる年。
記念に残る年になるといいなぁ…。

2019.04.23
あれかぁ…
2019.04.22
神々しい
2019.04.15
ついにその時が来た
2019.04.06
カレー選手権
2019.04.01
お祝いから始まる時代
2019.04.01
みんなでサボった
2019.04.01
願いを込めて【昭和の根性論】
2019.04.01
新しい朝
2019.03.26
さて来週から、
2019.03.25
勢力拡大
2019.03.24
旋盤とCAM
2019.03.23
春霞
2019.03.22
献血
2019.03.21
ピンポンパンポンは19番
2019.03.20
プラス防犯
2019.03.18
基本は清掃
2019.03.17
ジワっと出てくる
2019.03.15
明るいサヨナラ
2019.03.04
雨の中スタート
2019.02.15
いつまでも

木山製作所的毎日バックナンバー

ご相談・お見積り依頼

NC旋盤加工のスペシャリスト、切削加工はお任せ下さい 047-311-2671 受付9時から17時まで 土曜、日曜、祝祭日は除きます。 無料相談はこちらから