木山製作所的毎日|最近の木山製作所、こんなことしてます|株式会社木山製作所

2018年は、笑顔で得意技術のトップを目指すぞ!!

「ネットワークの時代」の記事一覧

SUN 11 November 2018

次につながる

快晴の東京湾を渡り

やってきました、東京ビックサイト、デザインフェスタ。

入場口からして、いつもの堅苦しい工業の見本市とは違う活気があります。

 

弊社ブースにも、人だかりが途絶えることがない様子。

手に取っていただいたお客様の笑顔を感じました。

正直、採算性はZERO。

そんなことより、喜んでくれるお客さんがたくさんいて、本当に楽しかった。

次につながる、何かを掴めた気がします。

次回は何を作ろうかなぁ?!

FRI 09 November 2018

デザインフェスタに出店します

デザインフェスタ2018 に出店します。

https://www.facebook.com/designfesta.tokyo

明後日、11月11日日曜日の出店当日に向けて、ただいま全力でマシニングセンタ稼働中です。

NC旋盤とマシニングセンタの技術者として、金属加工のプロとして、どこまでできるか。

試行錯誤を繰り返しながら、部品加工屋は頑張ってます!

 

11月11日日曜。(日曜のみの出店です)

東京ビックサイト 西ホール F-21

です。

 

ブースには、デザインから、マシニングセンタ&NC旋盤を駆使して加工までの一連を行った、2名の技術者が立ちます。

ちょっとコワモテの二人ですが…気は優しいので、お気軽に声をかけてください。

よろしくお願いします!!

FRI 09 November 2018

律する機械

JIMTOF 2018

2年に1度行われる、日本国際工作機械見本市に今年も行ってきました。

 

モノづくり産業として成熟している業界だからこそ、IOTやAIはこの業界にとって、大きなブレークスルーになろうとしていることを感じる。

しかし、ただそれだけであれば、『高価なブラックボックスを大手企業が購入し大手だけが効率を高める』だけの、これまでと変わらない構図。

でも昨今はどうも気配が違うようだ。

センサー、制御、ロボット、分析、ネットワーク、操作…が中小企業の身の丈に合わせた価格と性能となって、各社から投入が始まっている。

機能をそぎ落とし、ターゲットを絞ることで、価格が抑えられている。

 

「人間は、人間にしかできない仕事を」というAIの方向性と、「労働人口の激減」という社会的条件が、合わさり、我々が足を置くこの成熟産業を、加速度的に次の成長へ押し流そうとしている。

そんな技術が、容易に手に入る時代が来たと思った。

そんなわけで、会場では、ちょっと挨拶して帰ろうと思ってたのに、なんだかいろいろと見入ってしまって…

立ちっぱなし、歩きっぱなしで、腰が痛い…。

THU 26 July 2018

同じかもしれない

初めてベトナムを訪れたのは、1996年。

ホーチミンの街はシクロとバイクでいつも大渋滞。

視界に入る車は3台程度。

おばちゃんたちは、担いできた天秤を器用に分解し、道端でフォーを作る。

この美味しさを求め、ホテルの朝食は取らなかった。

ギラギラの太陽の下、真白なアオザイ姿の女子高生が、自転車に乗って集団で通学する風景は、本当に美しいモノでした。

 

あれから22年。

シクロが走れるエリアは観光地のみとなり、フォーの人気店はネットで紹介され、アオザイ姿はホテルのレセプションだけとなった。

それでも、変わらないのは、道端に置かれたプラスティックのイスに座って飲むベトナムコーヒー。

その独特の味わいは、22年前の一人旅を思い出させてくれました。

 

交差点では、もの凄い量の車とバイクが行き交い、常にクラクションが鳴り続けている。

それを眺めながら、ボーっと座っていると、自分がいる場所が現実じゃないような、映画を見ているような、そんな状態になる。

 

それって…

もしかしたら、轟音と共に打ち寄せる高波を、浜辺に座って、ただ見ている時の気持ちと同じかもしれない。

スゴイ轟音の中なのに、リラックスしている状態。

もしかしたら、それが私をベトナムへ惹きつけている理由なのかもしれない。

WED 09 May 2018

AI時代を生きるために

衝撃的だったので、この文章を備忘録としたい。

 

10年後、AI人工知能によって、半分の人の仕事が無くなる。

そんな時代を迎えようとしている。

真意を確かめたくて、AIに関する本を読んだ。

この本から学んだ結論からすれば、それは正しい。

確かに近い未来、多くの人が失業するのは間違いないと確信できる。

 

それはAI側に要因があるのではない。

日本の教育水準や、教育方針・方法の側に問題がある。

そう確信できる。

 

先々、AIは決して人間を超え神になることは無い。

AIとの共存は十分にできる。

そしてビジネスの視点からすれば、非常に楽しみなブレークスルーだ。

 

しかし、社会や国家の視点からすれば、今の教育水準と方針・方法では、AIとの共存かなり厳しいと言える。

英語なんか教えている場合ではない。

「何で」しゃべるか、ではなく「何を」しゃべるかが重要なのに…

1にも2にも国語。

3.4は人と遊んで、5に国語。

次のテクノロジーの時代を生きる子供たちの為に、大人として、正しい知識をシッカリと伝えていきたい。

1 / 41234

木山製作所的毎日

2018年は、笑顔で得意技術のトップを目指すぞ!!

2018.12.12
学生との懇親会
2018.12.01
合格にたどり着く力
2018.11.30
8/30 量産するぞ!
2018.11.29
学生諸君!
2018.11.22
2018.11.20
200
2018.11.16
Made in Tokyo
2018.11.11
次につながる
2018.11.10
極力ご遠慮ください
2018.11.10
20代に煽られて
2018.11.09
デザインフェスタに出店します
2018.11.09
律する機械
2018.10.27
リスク回避したいけど
2018.10.16
撮影スタート
2018.09.28
37時間
2018.09.27
松戸の空に秋が映ってた
2018.09.10
願いを込めて
2018.09.07
来週から楽しみ!
2018.08.29
最初の人
2018.08.28
高校生

木山製作所的毎日バックナンバー

  • 木山の実績
  • 設備紹介
  • ご納品までの流れ
  • 技能検定保持者
  • 採用情報

ご相談・お見積り依頼

NC旋盤加工のスペシャリスト、切削加工はお任せ下さい 047-311-2671 受付9時から17時まで 土曜、日曜、祝祭日は除きます。 無料相談はこちらから