木山製作所的毎日|最近の木山製作所、こんなことしてます|株式会社木山製作所

平成の総決算、そして新しい元号に変わる年。
記念に残る年になるといいなぁ…。

THU 14 August 2014

夏休み 自由課題

ここ数年、明治維新を中心に読書を続けている。

 

そこで今夏の自由課題。

靖国神社 遊就館に行った。

遊就館

 

入り口に展示された「元帥刀」の迫力に打たれた。

そのまま幕末維新の展示まで、読書の甲斐あって、その世界に入り切ってしまった。

 

後半は、太平洋戦争。

遺書は、読めなかった。

花嫁人形は、直視できなかった。

涙が溢れて。

 

国家の建設に身をささげた人々。

絶対に忘れない。

社会を形成する一個人として、戦争は絶対にしない、というバトンを未来に繋ぎたい。

靖国門

 

しかし疲れたぁ。

遊就館に入ったのは、午前11時。

出たのは、午後4時半。

オッサンの夏休み初日は、立ち上がる気力もなくなるほど、立ちっぱなしでした。

 

WED 13 August 2014

蓮茶

夏の休日出勤。

炎天下の中、昼食を取りに外に出た。

会社の近くに、なかなかイケてるエスニック屋を発見。

行ってみた。

 

食後、メニューにない、熱い蓮茶を出してくれた。

過去にも書いているが、私はベトナムに特別良い思い出がある。

蓮茶もその一つ。

ホーチミンでは、商談に行くと、必ず蓮茶が出てきた。

特に南部では、蓮茶と一緒に、トウガラシ塩が付いたパイナップルや、青いパパイヤが出てきた。

強烈な日差しに、よく合う組み合わせ。

 

炎天下に熱い蓮茶を飲むと、いつもその頃のことを思い出す。

ハス茶

WED 13 August 2014

18歳いろいろ

今年高校を卒業したばかりの、男子が働いている。

今時の普通の18歳。

しかし18歳が乗ってくる車にしては、色が渋すぎて、いつもほほえましく思う。

角張

夏休みの初日。

遅れを取り戻すために、彼は休日出勤していた。

その渋い車は、日射病と闘いながら炎天下に一台、主人を待っていた。

MON 11 August 2014

フリーボディ 36グラムの意味

フリーボディの続き

カンパニョーロ用のシマノ対応フリーボディだそうだ。

つまり、別のメーカーにも対応できるようになっているとのこと。

 

重さを調べてみた。

IMG_2666 鉄製 86グラム

 

IMG_2669 チタン製50グラム

 

36グラム、42%ダウン。

 

 

これが、どれだけすごいのか。

従業員の健康も管理項目となりつつある、いまどきの中小企業論から考えてみたい。

 

これを作ったのは、自転車部の部長である、技術課主任。

その彼、半年ほど前、みるみる痩ていき、しまいには声まで小さくなった。

女子社員からは、本気で「病気では」と疑われ、声もかけられなかった、という。

しかし私達は知っていた、彼が本格的な変人だということを。

 

会社の冷蔵庫には、彼の昼食が入っている。

豆腐と野菜ジュースだ。

IMG_2672[1]

 

『自転車を500グラム軽くするには、数万円かかる』

『しかし、自分の体重1キロ減らすのは簡単だ』

これが彼の論法。

 

まぁ確かに…。

しかし彼は、とにかく何でもストイックすぎ。

家でもほとんど食べないらしい。

私:『オマエ、何も声が小さくなるまで、体重を落とさなくてもイイだろ』

主任:『そんなことないですよ』

その返答の声がすでに小さく、そしてかすれている。

それじゃぁ単純に心配するだろ、周りが!!

 

健康で長く働いてもらう。

資産価値の最も高い経営資源は『人財』だ。

いまどきの中小企業はそう考え、従業員の健康が気になる。

さすがに声が小さくなるほどダイエットしたら、声をかけないわけにはいかない。

 

しかし、たった「36グラム」にかけた彼の意気込みも感じます。

 

MON 11 August 2014

フリーボディ チタン製

自転車の、ここの部分。

IMG_2662

 

これですよね。

IMG_2661

 

バラしていくと、

IMG_2663

 

こうなります。

IMG_2664

 

で、

『このボディ、チタンで作ったんですよ』っと、技術課の主任。

以前紹介した、自転車部の部長でもある。

 

この部品、フリーボディと言うそうだ。

カンパニョーロ(COMPAGNOLO) とか シマノ(SHIMANO)とか、いろいろ言われて良く分からなかったが、

とにかく本来は、右の鉄製が標準らしい。

 

IMG_2665

『その重量を減らせないか』と意気込み、彼はチタン製フリーボディの製作に着手。

nc旋盤とマシニングセンタで完成させた。

 

ラチェットもベアリングも組み込み、これから実証実験に入ります。

レポート、報告したいと思います。

IMG_2670

 

MON 11 August 2014

最初の笛

Jリーグの試合で、審判を務める顔に見覚えがある。

ワールドカップブラジル大会で、主審を務めた、西村審判だ。

IMG_2646

しかも開幕戦を日本人の審判が務める、と言うことで、メディアでも話題になった。

 

開幕戦は、地元ブラジルとクロアチアの一戦。

攻撃も守備ともに両チームが激しく激突し、高いレベルで均衡を保っていた後半26分に、それは起こった。

 

西村主審の笛が鳴った。

その微妙な判定に、クロアチアの選手は、西村主審に激しく詰め寄った。

しかし、毅然とした態度で、黄色い札を掲げた。

E8A5BFE69D91E382A4E382A8E383ADE383BCE382ABE383BCE38389E38396E383A9E382B8E383ABWE69DAFE382AFE383ADE382A2E38381E382A2E38396E383A9E382B8E383ABE688A6

このために、クロアチアは1点を失った。

 

大会が始まって初めてのカード。

この判定が今大会の基準となる、ともいえる。

 

確かに微妙な判定だった。

しかし大会を追うごとに、今大会の判定の方針が見えてくる。

西村主審の笛も、その基準を満たしていることが、後々分かった。

 

国の威信がかかっている。

そこで最初の笛を吹くのは、どれだけの責任と自信が込められているのか。

私には計り知れない。

 

そんな西村主審を生で見ただけで、なんだか興奮してしまった。

BA

 

 

 

SUN 10 August 2014

スポーツから学ぶこと

Jリーグを見た。

選手たちの躍動感、駆け引き、汗。

ボールを蹴る音、応援席から湧き上がる怒号の歓声。

やっぱり生は楽しい。

夏の夜風のひと時を楽しませてもらった。

 

応援したチームは、勝つことができなかった。

しかも試合内容は決して良いものでなく、特に後半は相手に完全に押されていた。

素人の私にも、そのことが良く分かった。

 

試合後、選手たちが応援席に挨拶に来た。

そこで起こった大ブーイング。

選手たちは、素直に認め頭を下げた。

 

言い訳せず、状況を正しく受け止め、次につなげる。

批判を素直に受け止める『心』は、自分自身の次の成長に繋げる、大切な要素だと思った。

「自分の20代、あんなに素直じゃなかったなぁ…」なんて、思った。

IMG_2648

MON 04 August 2014

追い出された

投影機、追い出された。

IMG_2638

三次元測定機が置かれている部屋。

24/7で、温度が20度に設定されている。

その部屋に投影機が置かれていた。

 

しかし、その部屋から追い出されることになった。

その理由は、投影機の使用頻度が高く、扉の開け閉めが多い。

そのため、温度管理が十分できない、と言うことらしい。

 

測定の頻度は年を追うことに増すばかり。

製造が順調でも、検査工程がボトルネックになる、なんてことも。

この流れは変わらないでしょう。

 

追い出されたのではなく、活躍の場が増えた。

こういう解釈としましょう。

SAT 02 August 2014

試験、緊張します

技能検定です。

いつもの工場のいつもの場所なのに、やはり「試験」には独特な空気を力がありますね。
会場にいるだけで、その緊張感が伝わります。

IMG_2635

 

 

IMG_2636

 

合格するといいなぁ。

 

IMG_2637

TUE 22 July 2014

これでいいのか

これ?

18時に生産管理に、メールした。
写真と文字で、確認を取った。

少ししてから「そうです」との回答が来た。
おかげで、仕事は進んだ。

でも、こんな時…メールが無かった時代は、どうしていたんだっけ?

IMG_2631

木山製作所的毎日

平成の総決算、そして新しい元号に変わる年。
記念に残る年になるといいなぁ…。

2019.02.01
正直イラつく
2019.01.31
7年目の再訪
2019.01.15
柏神社からスタート
2019.01.11
質より量
2019.01.07
増強の年
2018.12.27
エグイなぁ…(^_^;)
2018.12.21
冬のインターンシップ
2018.12.12
学生との懇親会
2018.12.01
合格にたどり着く力
2018.11.30
8/30 量産するぞ!
2018.11.29
学生諸君!
2018.11.22
2018.11.20
200
2018.11.16
Made in Tokyo
2018.11.11
次につながる
2018.11.10
極力ご遠慮ください
2018.11.10
20代に煽られて
2018.11.09
デザインフェスタに出店します
2018.11.09
律する機械
2018.10.27
リスク回避したいけど

木山製作所的毎日バックナンバー

ご相談・お見積り依頼

NC旋盤加工のスペシャリスト、切削加工はお任せ下さい 047-311-2671 受付9時から17時まで 土曜、日曜、祝祭日は除きます。 無料相談はこちらから