切削の可能性|木山製作所のスタッフブログです|株式会社木山製作所

木山製作所のスタッフブログです

モノ作り集団「K製作所」の活動も随時更新中!

デザフェス等イベント出展情報もこちら

MON 08 July 2024

CADによるモデリング

7月に入り暑い日が続きますね。

梅雨空はどこへ行ってしまったのでしょうか?

スタッフKATOです。

こんにちは!

 

3回に分けてトルメキア軍コルベットの製作風景について紹介してきました。

今回はそのベースとなるCADモデルについて少し触れたいと思います。

このコルベットはGibbs CAMという部品加工用CAMのCAD機能を使用しモデリングしています。

Gibbs CAMは部品加工用のCAMとして、値段と性能のバランスの取れた使いやすいCAMです。

本機のメインはあくまでも加工用パスを作成するCAM機能。

そのためCAD機能はCAMのための必要な能力しか備えておらず、本格的な3Dモデリングには向きません。

しかしながら使える機能をフルで使えばこの程度のモデリングはできてしまいます。

部品加工用のCAMで3Dモデリングする利点は、はじめからソリッドモデルで作ることができるところかと思います。

機械加工のための加工パスを作るには、ソリッドモデルが有効です。

こうして3Dモデルさえできてしまえば思い通りに加工用パス出力し、機械加工することができるわけです。

今回作成したコルベットのCADモデルです。

機械加工を意識したパーツ分割になっています。

はめ合わせる部分のクリアランスは塗装仕上げも想定し0.1としています。

3Dプリンターで作成するインテリアなどの小パーツも同時にモデリング。

3Dプリンター用のデータはおよそ切削では無理な形状も一体でモデリング。

また収縮を考慮し大きさを調整、切削で作ったボディにしっくり嵌るようにしています。

こちらのモデルはSTLでエクスポートし、3Dプリンター用スライサーに取り込んでプリントデータを作成しています。

 

一番時間がかかったのがこのモデリング作業です。

何度も何度も形状を修正してデータを作りました。

でもやはりものづくりは楽しい。

それでは!

切削の可能性バックナンバー

ご相談・お見積り依頼

NC旋盤加工のスペシャリスト、切削加工はお任せ下さい 047-311-2671 受付9時から17時まで 土曜、日曜、祝祭日は除きます。 無料相談はこちらから