切削の可能性|木山製作所のスタッフブログです|株式会社木山製作所

木山製作所のスタッフブログです

モノ作り集団「K製作所」の活動も随時更新中!

デザフェス等イベント出展情報もこちら

「KATOの世界」の記事一覧

FRI 08 November 2019

S&T 三八式歩兵銃用レイルマウント

最近手に入れたアイテムS&T社製「三八式歩兵銃」。

以前から欲しいと思っていたブツ。増税前に思い切っていってしまいました!

入手するといろいろ弄りたくなってしまう性格。

バラしてグリスアップしたり、木製ストックをオイルで塗り直したり。

手を入れるほどに愛着が沸き、暇があれば触っているスタッフKATOです。

こんにちは。

 

そんな私が次に目を付けたのがスコープの搭載。

もともとはスコープの搭載は想定していませんでした。

それは三八式歩兵銃の美しい外観を崩してしまうから。

しかし歳のせいかオープンサイトで狙っていると照準しにくさを感じたり目が疲れたりする。

そこでスコープを搭載してみることにしました。

 

どこにマウントをつけるか考えましたが本体左側のボルトストップ部分を利用するのがよさそう。

ネットで調べたところ、この部分に取り付けできるマウントが売っているようです。

が、3Dプリンターで出力した樹脂製。精度や強度に若干の不安が。

金属加工が本職の私。自作するしかないでしょう!

 

さっそくCADで図面を引きます。各部の寸法は現物合わせで。

20㎜レイル部分は75㎜で設計しました。

形状が決まれば早速加工。

使い道のないアルミの端材を利用します。

加工工程は全3工程。

加工後はアルマイト処理。

こうして完成したものがこちら。

アルマイトは通常の黒とブルーイングをイメージした青みがかった黒の2パターン。

ブルーイングバージョンはちょっと青すぎたかも。

三八式歩兵銃に取り付けたものがこちら。

手元にあったスコープを載せてみました。

40㎜径の対物レンズのスコープがギリギリ干渉せずに搭載できます。

外観はアレですが、格段に狙いやすくなり満足!

では、また。

TUE 08 October 2019

鬼滅の刃

台風19号が発生し日本に向かっているようですね。

週末ごろ本土に最接近するという予報。

私達の住む千葉県は先月の台風15号で大きな被害が出ました。

今後の針路がとても心配です。

スタッフKATOです。こんにちは。

 

今日紹介するのはこちら。

「鬼滅の刃」という作品から、主人公・竈門炭次郎の耳飾です。

先月「竈門炭次郎 立志編」がエンディングを迎えましたが、「無限列車編」が劇場作品として公開予定。

今からとても楽しみです。

 

この作品の主人公・竈門炭次郎のトレードマークといえば耳飾。

花札のような特徴的なカタチをしています。

コレを削り出してみました。

基本的にはコレまでもたびたび紹介している、削り出し昆虫と同じ方式。

切削加工後、切り出してゲート跡を成形します。

日輪の部分は赤いUVレジンを流し込んで再現。

下側部分は1段凹ませ、クリアのUVレジンを流し込んだ後、ネイルに使うミラーパウダーを乗せてみました。

写真ではわかりづらいですが、見る角度によってブルー系に輝きます。

 

さっそく我が家のジョージにつけてもらいました。

新しい耳飾にご満悦な様子のジョージ。

ではまた。

WED 02 October 2019

削り出しビーズ

今朝の東葛エリアは濃霧。

20m先が全く見えないほど。

幻想的な風景に目を奪われつつも、慎重に通勤したスタッフKATOです。こんにちは。

 

今回は削り出しビーズを作ったので紹介します。

今まで様々な昆虫チャームを作りましたが、ネックレスにする為の金具などの小物類がありませんでした。

ビーズ程度であれば市販品を使ったほうがはるかに安上がり。

でもせっかくならビーズも削りだそうと思い立ちました。

丸モノは旋盤加工の得意分野ですしね!

 

加工手順は以下の通り。

①ドリルによる穴あけ

②溝入れ工具による外径切削と切り落とし

これだけ。

 

3種類製作してみました。

右側は外径φ8mm、内径φ3mmのビーズ。

3mmの平革紐を2本通しまとめる為のパーツ。スライドさせてネックレスの長さを調整できます。

中央は外径φ7mm、内径φ2.5mmのビーズ。

3mmの平革紐1本が丁度しっくり通るサイズ。革紐のエンド部分に使用します。

左側は外径φ5mm、内径φ3mmの円筒状ビーズ。

こちらも3mmの平革紐を2本束ねて通せます。チャーム部分の緩み止めと装飾を兼ねるパーツです。

 

使用例はこちら。

いかがでしょうか?

真鍮製とSUS316L製の2タイプ作りました。

チャームの色に合わせて使い分ける予定です。

WED 18 September 2019

ピアススタンドをつくる

休日、手賀沼を走った。

青い空が水面に映り込む。

身近でもこんなに綺麗な景色がある。

美しい風景に癒されたスタッフKATOです。こんにちは。

 

息抜きにこんなものを作ってみた。

ピアススタンド。

当ブログで昆虫アクセサリーをいろいろ紹介していますが、いつも頭を悩ませるのが写真撮影。

作った製品を綺麗に撮影するのはとても難しい。

特に製品をどのように置くか試行錯誤。

そこでピアススタンドを作ることにしました。

 

材料は真鍮。旋盤でベースを削り出した。

円錐状のものとRがついたもの2種類製作。

次にピアスをぶら下げる部分を真鍮線を使る。

真鍮線にゆるいRをつけ、先端は環状に成形。

コレをベースの穴に挿し込みハンダで固定しました。

最後にハンダ付けした部分を中心に磨いて完成です。

ピアスをぶら下げるとこんな感じ。

お店にあるような感じに仕上がったかな。

これで撮影作業が捗るといいのですが。

あと問題は撮影技術ですね!

TUE 30 July 2019

Ring ~完成編~

7月も終わりに近づきようやく関東も梅雨明け。

これからが夏本番!

今週末8月3日に開催予定の手賀沼花火大会が楽しみなスタッフKATOです。こんにちは。

 

4回に分けて作業工程を紹介してきたRing製作も今回が最終回。

完成編です。

百聞は一見に如かず、まずはご覧ください。

ブラックダイヤモンドとホワイトダイヤモンドを使ったペアリングにしてみました。

まずまずイメージ通りに仕上がったかなと。

もちろん反省点や課題もありますが、何よりも作業工程のすべてが新鮮で楽しかった。

既に別のデザインのリングの構想も練っています。

またの機会にチャレンジする予定。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

1 / 3123

切削の可能性

木山製作所のスタッフブログです

モノ作り集団「K製作所」の活動も随時更新中!

デザフェス等イベント出展情報もこちら

2019.11.08
S&T 三八式歩兵銃用レイルマウント
2019.11.01
両面テープという選択
2019.10.22
Toodle Spindles 実戦投入
2019.10.18
時は金なり
2019.10.08
鬼滅の刃
2019.10.02
削り出しビーズ
2019.09.24
プラチナコガネ ~完成編~
2019.09.18
ピアススタンドをつくる
2019.09.10
プラチナコガネ ~切削編~
2019.09.03
プラチナコガネ ~データ編~
2019.08.28
Toodle Spindles
2019.08.22
モノ作りの原点
2019.08.16
七節の耳飾
2019.08.05
昆虫アクセサリーの新作
2019.07.30
Ring ~完成編~
2019.07.22
Ring ~石留め編~
2019.07.16
Ring ~研磨編~
2019.07.08
Ring ~切削編~
2019.07.03
Ring ~企画編~
2019.06.30
Nihilus’s lightsaber Ver.2.0

切削の可能性バックナンバー

  • 木山の実績
  • 設備紹介
  • ご納品までの流れ
  • 技能検定保持者
  • 採用情報

木山製作所的毎日

平成の総決算、そして新しい元号に変わる年。
記念に残る年になるといいなぁ…。

2019.10.18
40歳からの挑戦
2019.10.15
まさにテトリス
2019.10.06
縮む覚悟
2019.10.04
緑の景色
2019.10.03
濃い霧
2019.09.09
技術で解決できるのか?
2019.08.16
境界線で思う
2019.08.11
大人の休日
2019.08.07
進化系
2019.07.20
人生
2019.07.11
大和
2019.06.28
使い方
2019.06.14
外でやろう
2019.05.10
アジアを制する
2019.05.09
実践へ
2019.05.07
多様性
2019.05.01
遠くたってジワジワくる
2019.04.25
美しい…けど
2019.04.24
やっぱり基礎
2019.04.23
あれかぁ…

ご相談・お見積り依頼

NC旋盤加工のスペシャリスト、切削加工はお任せ下さい 047-311-2671 受付9時から17時まで 土曜、日曜、祝祭日は除きます。 無料相談はこちらから