切削の可能性|木山製作所のスタッフブログです|株式会社木山製作所

木山製作所のスタッフブログです

モノ作り集団「K製作所」の活動も随時更新中!

デザフェス等イベント出展情報もこちら

TUE 29 January 2019

低融点合金の可能性その2

低融点合金でワークを固定し加工する企画その2です。

前回は低融点合金を冶具に流し込みワークを固定するまでを紹介しました。

ワークを固定した冶具をマシニングセンタに固定し加工します。

それでは実際に加工してみます。

結果がこちら。

ワークが動くことも無く、しっかり加工できているようです。

いよいよワークを冶具から外します。

冶具を湯煎します。

すると低融点合金が溶けてワークが浮き上がりました。

完成しました。うまくいきました。

低融点合金によってワークを固定し切削加工する事出来ました。

 

ただし、低融点合金によるワークの固定は万能ではありません。

使ってみて感じたメリット・デメリットをまとめます。

 

メリット

・複雑な形状のワークの固定が出来る

・冶具の設計が簡単

・小さなワークの固定に有効

デメリット

・ワークの脱着に手間がかかる(合金を溶かして流しこむ、再度溶かして外す)

・量産には向かない

・大きなワークの固定には不向き

 

デメリットもありますが、とても魅力的な素材である事は確かです。

今後も低融点合金の可能性を探っていきたいと思います。

それにしても、このような固定方法を思いつく先人の知恵には頭が下がります。

 

 

 

 

切削の可能性バックナンバー

  • 木山の実績
  • 設備紹介
  • ご納品までの流れ
  • 技能検定保持者
  • 採用情報

木山製作所的毎日

平成の総決算、そして新しい元号に変わる年。
記念に残る年になるといいなぁ…。

2019.06.14
外でやろう
2019.05.10
アジアを制する
2019.05.09
実践へ
2019.05.07
多様性
2019.05.01
遠くたってジワジワくる
2019.04.25
美しい…けど
2019.04.24
やっぱり基礎
2019.04.23
あれかぁ…
2019.04.22
神々しい
2019.04.15
ついにその時が来た
2019.04.06
カレー選手権
2019.04.01
お祝いから始まる時代
2019.04.01
みんなでサボった
2019.04.01
願いを込めて【昭和の根性論】
2019.04.01
新しい朝
2019.03.26
さて来週から、
2019.03.25
勢力拡大
2019.03.24
旋盤とCAM
2019.03.23
春霞
2019.03.22
献血

ご相談・お見積り依頼

NC旋盤加工のスペシャリスト、切削加工はお任せ下さい 047-311-2671 受付9時から17時まで 土曜、日曜、祝祭日は除きます。 無料相談はこちらから