切削の可能性|木山製作所のスタッフブログです|株式会社木山製作所

木山製作所のスタッフブログです

MON 28 January 2019

低融点合金の可能性その1

低融点合金とは

低融点を特徴とする合金。易融合金(いゆうごうきん)とも呼ばれ、一般には、スズの融点(230℃)程度より低い融点を持つ合金を言う。

と、ウィキペディアにはあります。

要するに低い温度で液状になる金属のこと。

身の周りでは「はんだ」が良く知られており、電子部品や強度を必要としない部品の接合に使われいます。

 

この合金をワークの固定に利用してしまうというのが今回の企画。

切削加工をしているとワークをどのようにクランプしたら良いのか悩むことがあります。

たとえばコレ。

現在製作中の作品のひとつですが、本体の裏側の加工する際にワークの固定に使えそうながありません。

そこで低融点合金の登場です。

入れ物状の冶具にワークを設置し、溶かした低融点合金を流し込んで固定してしまうと言うわけ。

今回は有害な鉛やカドミウムを含まない融点が79度の合金を使用しました。

 

まずは合金チップをビーカーにいれ湯煎して溶かします。

湯煎してしばらくすると水銀のような状態に!

コレを冶具に流し込みます。

そして冷え固まると。。。

できました!

冶具の中心にワークが固定されています。

あとは加工するだけ。

うまくいくでしょうか?

加工の検証はその2で