切削の可能性|木山製作所のスタッフブログです|株式会社木山製作所

木山製作所のスタッフブログです

モノ作り集団「K製作所」の活動も随時更新中!

デザフェス等イベント出展情報もこちら

「加工技術」の記事一覧

WED 20 October 2021

Brilliant cut !

今週に入り気温の低い日が続いています。

通勤時に見る朝焼けも冬の様相。

まもなく紅葉の美しい季節がやってきますね。

好きな季節の訪れにワクワクするスタッフKATOです。

こんにちは。

 

ブリリアント(Brilliant cut)を知っていますか?

ダイヤモンドなどの研磨方式の総称。

上の画像のようなラウンドブリリアントカットは特に有名ですね。

今回は金属でラウンドブリリアントカットを作る方法を紹介します。

 

実は10年ほど前にも削り出しラウンドブリリアントカットを製作したことがあります。

まだ木山製作所に5軸加工機が無かった頃、その当時導入したNC円テーブルを使って加工しました。

角度を自由に変えられるNC円テーブルの機能を試すサンプルでした。

今回はもっと小さなもの作って欲しいとの要望があり、5軸加工機で小さなサイズにチャレンジしました。

 

まず加工工程を検討します。

① NC旋盤によるブランクの作成

② 5軸マシニングセンタによるクラウン部の32面を加工

③ NC旋盤でパビリオン部の荒加工と突っ切り

④ 5軸マシニングセンタによるパビリオン部の24面を加工

⑤ NC旋盤によりクラウン部に残ったクランプ用突起の除去

このような加工手順で加工します。

 

製作するラウンドブリリアントカットの径は10mmとしました。

素材はSUS304です。

実際加工した際の画像をご覧ください。

まずはブランクの作成。

5軸マシニングセンタによるクラウン部の32面加工。

左がブランク、右がクラウン部を加工したもの。

NC旋盤によるパビリオン部の荒加工と突っ切り。

5軸マシニングセンタによるパビリオン部の24面加工。

加工の際はクラウン部に突き出したφ4の円柱をドリルのホルダーでクランプします。

最後にNC旋盤でクランプ用のφ4の突起を切り落とします。

こうして完成したラウンドブリリアントカット。

SUS304の銀色の金属光沢がブリリアントカットで細かく反射し綺麗です。

約10年前製作したものと並べるとこんな感じ。

以前製作したものは直径40mm。

今回のモノは10mmなのでかなり小さくなりました。

オブジェとしてはこのままでも良いのですが、ブリリアントカットと言ったらやっぱ指輪でしょ!

ってことで今回削り出したラウンドブリリアントカットにぴったり合う指輪を作って組み合わせたいと思います。

実は指輪製作の際に一つ試したいことがあるのです!

その模様は次回のブログで。

 

つづく

WED 29 September 2021

名刺入れ

肌寒い朝。

写真奥の川では川霧が発生しています。

手前には収穫を待つ黄金色の新米。

秋ですね。スタッフKATOです。

こんにちは!

 

マシニング加工チームに営業部から依頼が。

10月に出店する展示会用に、削り出しの名刺入れを作ってほしいとのこと。

以前同じような依頼で会社のネームプレートを作成したことがありました。

 

会社ネームプレート完成

 

今回も前回同様、若手の社員に担当してもらいました。

デザインは自宅で考えてきてもらい、プログラムは忙しい業務の合間に作成。

加工機械のグラフィックで動きを確認しプログラムのチェック。

加工したものがこちら。

このような感じで名刺を入れる事が出来ます。

まだ完成ではありません。

側面に会社のマークと名前を彫り込みます。

このへんは前回のネームプレート作成で学んだ方法の応用です。

完成したものがこちら。

なかなか良い感じに仕上がったのではないでしょうか?

 

木山製作所は2021年10月6日~8日に開催される、「第24回 関西 機械要素技術展」に出展します。

名刺入れもブースに置いてあると思います。

ぜひ会場で若手社員の作品をご覧ください。

FRI 22 January 2021

作業台プチカスタム

みなさんDIYは好きですか?

YouTubeには素晴らしいDIY動画がたくさんありますよね。

世の中にはすごい人がいるものだなぁと感動。

そして自分の制作意欲も掻き立てられます!

スタッフKATOです。

こんにちは!

今日は現場の作業台をプチカスタム。

 

木山製作所松戸工場の現場に設置されている作業台にはキャスターが付いています。

それは床掃除の際に作業台を撤去しやすくするため。

(松戸工場では毎週ポリッシャーを使った床掃除をしています~)

キャスターが付いていれば床を傷つけることなく、少人数で移動できるわけですね。

 

しかし問題も。

金属の切削加工という仕事柄、作業台には重量物を載せることになります。

そうなるとキャスター取り付け部の強度に不安が…

 

そこで樹脂製だったキャスター取り付け部を金属削り出しで作ってみました。

素材はA5056としました。

純正の樹脂製と比較。

作業台脚への取付部を長くしつつ、横からボルトで固定できるようM8のネジを切りました。

作業台脚に挿入するとこんな感じ。

サイドからM8のボルトで確実に固定。

大分安定感が増したかな?

しばらく使って様子を見ます。

それでは!

MON 03 February 2020

効果的なひと手間

2月3日。今日は節分。

世界に目を向ければ新型コロナウイルスが猛威を振るい、連日その話題で持ちきり。

邪気を払い健やかに過ごせる1年になることを願い、定時に上がり豆まきをしたいと思うスタッフKATOです。

こんにちは!

 

NC旋盤やマシニングセンタを使った機械加工。

プログラムを組んで起動ボタンを押せば製品が加工されます。

しかしそこには様々な工夫があります。

この製品も然り。

いつもワークの歪みに苦労します。

もちろん歪ませないための工夫はこれまでもしていたわけですが。

今回はもう一度工程を見直し、より効果的と思われるタイミングでひと手間を加えることに。

効果はてきめん。格段に加工が安定しました。

一見単純そうに見える加工でも、様々な工夫があります。

そこが面白い。

MON 23 December 2019

安定加工のために

冷え込んだ早朝、出勤途中の畑に霜が降りていました。

比較的温暖な関東南部でも冬の訪れを感じられるようになりました。

今年も残すところあと1週間。

年末になるといつも時間の経過の速さに驚かされます。

 

今日は今取り組んでいる仕事の話。

今まで何度かご注文を頂いている製品。

しかし寸法が安定せず、加工方法や加工工程を試行錯誤してきました。

今回はこれまでの教訓を生かし、工程を見直しました。

その結果、加工が安定し寸法管理も劇的に楽になりました。

その一方で加工工程は6工程に!

加工工程はできる限り少ない方がよいのですが、寸法の安定には代えられない。

どこかに省ける無駄がないか、まだまだ考える余地がありそうです。

切削加工は奥が深いです。

切削の可能性

木山製作所のスタッフブログです

モノ作り集団「K製作所」の活動も随時更新中!

デザフェス等イベント出展情報もこちら

2021.10.20
Brilliant cut !
2021.10.04
ナイフカスタム その2
2021.10.01
ナイフカスタム その1
2021.09.29
名刺入れ
2021.09.06
三十年式銃剣
2021.09.01
自由研究
2021.08.12
刀身 ~三十年式銃剣~
2021.07.10
部品完成
2021.06.28
サンドブラスト
2021.06.26
新しい事を学ぶ
2021.06.01
会社ネームプレート完成
2021.05.27
マイナス頭のボルトが無い ~三十年式銃剣~
2021.04.19
柄木を作る ~三十年式銃剣~
2021.03.31
鍔を作る ~三十年式銃剣~
2021.03.23
柄頭を作る ~三十年式銃剣~
2021.03.15
会社ネームプレート製作進捗状況
2021.03.01
チャプターリング
2021.02.22
会社ネームプレート製作
2021.02.19
GG-W-113 その3
2021.02.15
バレンタインデー

切削の可能性バックナンバー

ご相談・お見積り依頼

NC旋盤加工のスペシャリスト、切削加工はお任せ下さい 047-311-2671 受付9時から17時まで 土曜、日曜、祝祭日は除きます。 無料相談はこちらから