切削の可能性|木山製作所のスタッフブログです|株式会社木山製作所

木山製作所のスタッフブログです

モノ作り集団「K製作所」の活動も随時更新中!

デザフェス等イベント出展情報もこちら

「加工技術」の記事一覧

MON 03 February 2020

効果的なひと手間

2月3日。今日は節分。

世界に目を向ければ新型コロナウイルスが猛威を振るい、連日その話題で持ちきり。

邪気を払い健やかに過ごせる1年になることを願い、定時に上がり豆まきをしたいと思うスタッフKATOです。

こんにちは!

 

NC旋盤やマシニングセンタを使った機械加工。

プログラムを組んで起動ボタンを押せば製品が加工されます。

しかしそこには様々な工夫があります。

この製品も然り。

いつもワークの歪みに苦労します。

もちろん歪ませないための工夫はこれまでもしていたわけですが。

今回はもう一度工程を見直し、より効果的と思われるタイミングでひと手間を加えることに。

効果はてきめん。格段に加工が安定しました。

一見単純そうに見える加工でも、様々な工夫があります。

そこが面白い。

MON 23 December 2019

安定加工のために

冷え込んだ早朝、出勤途中の畑に霜が降りていました。

比較的温暖な関東南部でも冬の訪れを感じられるようになりました。

今年も残すところあと1週間。

年末になるといつも時間の経過の速さに驚かされます。

 

今日は今取り組んでいる仕事の話。

今まで何度かご注文を頂いている製品。

しかし寸法が安定せず、加工方法や加工工程を試行錯誤してきました。

今回はこれまでの教訓を生かし、工程を見直しました。

その結果、加工が安定し寸法管理も劇的に楽になりました。

その一方で加工工程は6工程に!

加工工程はできる限り少ない方がよいのですが、寸法の安定には代えられない。

どこかに省ける無駄がないか、まだまだ考える余地がありそうです。

切削加工は奥が深いです。

TUE 10 December 2019

最適解は?

気付けばもう12月。

最近は業務が忙しくブログの更新が停滞気味。

これではダメだと思う、スタッフKATOです。こんにちは。

 

今日はそんな仕事の話。

切削加工で製品を作るにもやり方はいろいろあります。

図面の寸法公差や幾何公差から最適な加工方法を考えるわけです。

しかし考えた加工方法で上手くいかない事もあります。

旋盤で加工するか?

冶具を作成してマシニングセンタで加工するか?

どちらも加工内容はほぼ同じ。

図面の要求を満たすにはどちらが最適か?

加工の最適解を導き出すために悩む。

それが私の仕事です。

FRI 01 November 2019

両面テープという選択

毎年3月20日に発表されている「世界幸福度ランキング」。

2019年度版で日本は58位。

先進諸国の中では低い順位。

しかし何をもって「幸福」と感じるかはその人による。

例えばアメリカ合衆国は日本よりも上位の19位。

自由と個を重んじる国に住んだ時、私は「幸福」と感じるだろうか?

「きっと疲れてしまうだろうなぁ」と考えてしまった、スタッフKATOです。

自由って素晴らしいけど、疲れませんか?

 

マシニングセンタによる加工で頭を悩ませることのひとつ、クランプ方法。

テーブルの上に乗りさえすればどんなクランプ方法でも良いという自由度がある。

自由なだけに頭を悩ませるわけです。

今回はそんなクランプ方法の中でもお手軽なものを紹介します。

それがタイトルにもある「両面テープという選択」なわけです。

 

私が使用しているのはこちら。

NITTOさんの 「No.5000NS」という商品。

同社のHPでは「再はく離可能で強接着な両面テープ」とあります。

まさにその言葉通りの性能です!

 

両面テープによる固定は薄板形状のワークを加工するのに向いています。

今回は2㎜厚のプラ板を切削するのに使用しました。

切削対象のプラ板をベースとなるプレートにこの両面テープで接着し固定します。

あとはプレートをバイス等でクランプすれば加工できます。

加工できました。

このお手軽さが両面テープの魅力。

NITTOさんのNo.5000NSなら加工後に両面テープを剥がす時、べたべたが残らず綺麗に剥がれます!

もちろんクランプ精度の問題や重切削には向かないなどの課題もあります。

しかし使用する場面を選べばとても便利なアイテムなのです。

 

加工だけでなくクランプひとつとっても奥が深い。

そこが切削加工の面白さです。

 

おまけ

ちなみに今回制作したのはこちら。

プラレールという鉄道玩具の改造用パーツ!

二階建て車両の窓を埋めるためのパーツです。

E217系の前面パーツとダブルデッカー中間車を組み合わせて215系を作ってほしいという依頼のために制作しました。

このように切り出して窓にはめこみます。

当然ですが、加工精度は抜群なのでぴったりはまります!

TUE 22 October 2019

Toodle Spindles 実戦投入

「即位礼正殿の儀」の祝日。

祝日があるとどうしてもその前後の土曜日が出勤日となります。

しかし子育て世代の方は分かる思いますが、土曜日はなにかと行事が多い。

生産計画が決められている現場スタッフ。

有給休暇を使うことも出来ますが、チーム全員が同時に休むことは難しい。

そこで今回私達のチームでは相談の末、22日の祝日に出勤する代わりに26日の土曜日を代休とすることに。

風雨の強い荒れ模様の祝日ですが、今日も出勤のスタッフKATOです。こんにちは。

 

今日はToodle Spindlesを実際の加工に使用した結果を紹介します。

結論から言えば大成功!

加工時間を大幅に短縮することが出来ました。

以前は1時間半ほどかかっていたものを、54分で加工することが出来ました。

そして気になる仕上がり具合ですが…

こちらも問題なし。

上画像のオレンジに塗られていないところがToodle Spindlesで加工している部分。

幅0.5mmの溝が掘られています。

以前の加工方法で加工したものと並べてみましたが、仕上がりに差はありません。

三次元測定機で寸法を測定してみました。

寸法も図面の要求を満たしています。

 

製品精度はそのままに加工時間を30分以上も短縮。

工具の刃持ちも今のところ問題なし。

今回は満足な結果を得ることが出来、大成功と言って良いのではないでしょうか。

 

冒頭でも書きましたが生産計画を元に仕事している現場スタッフ。

加工改善は常に考えていますが、生産の安定を重視するのでどうしても保守的になりがち。

しかしそれでは変化は望めません。

チャレンジ精神を持って仕事に臨みたいとあらためて思いました。

1 / 3123

切削の可能性

木山製作所のスタッフブログです

モノ作り集団「K製作所」の活動も随時更新中!

デザフェス等イベント出展情報もこちら

2020.02.26
チーバくん
2020.02.17
トルメキア軍自走砲 その2
2020.02.10
トルメキア軍自走砲
2020.02.03
効果的なひと手間
2020.01.22
モデリング
2020.01.08
新年あけましておめでとうございます
2019.12.27
2019年最後の出勤日
2019.12.23
安定加工のために
2019.12.18
ご依頼の品
2019.12.10
最適解は?
2019.11.29
ハンミョウver.2
2019.11.22
シリンダーヘッド
2019.11.08
S&T 三八式歩兵銃用レイルマウント
2019.11.01
両面テープという選択
2019.10.22
Toodle Spindles 実戦投入
2019.10.18
時は金なり
2019.10.08
鬼滅の刃
2019.10.02
削り出しビーズ
2019.09.24
プラチナコガネ ~完成編~
2019.09.18
ピアススタンドをつくる

切削の可能性バックナンバー

ご相談・お見積り依頼

NC旋盤加工のスペシャリスト、切削加工はお任せ下さい 047-311-2671 受付9時から17時まで 土曜、日曜、祝祭日は除きます。 無料相談はこちらから