切削の可能性|木山製作所のスタッフブログです|株式会社木山製作所

木山製作所のスタッフブログです

モノ作り集団「K製作所」の活動も随時更新中!

デザフェス等イベント出展情報もこちら

FRI 08 November 2019

S&T 三八式歩兵銃用レイルマウント

最近手に入れたアイテムS&T社製「三八式歩兵銃」。

以前から欲しいと思っていたブツ。増税前に思い切っていってしまいました!

入手するといろいろ弄りたくなってしまう性格。

バラしてグリスアップしたり、木製ストックをオイルで塗り直したり。

手を入れるほどに愛着が沸き、暇があれば触っているスタッフKATOです。

こんにちは。

 

そんな私が次に目を付けたのがスコープの搭載。

もともとはスコープの搭載は想定していませんでした。

それは三八式歩兵銃の美しい外観を崩してしまうから。

しかし歳のせいかオープンサイトで狙っていると照準しにくさを感じたり目が疲れたりする。

そこでスコープを搭載してみることにしました。

 

どこにマウントをつけるか考えましたが本体左側のボルトストップ部分を利用するのがよさそう。

ネットで調べたところ、この部分に取り付けできるマウントが売っているようです。

が、3Dプリンターで出力した樹脂製。精度や強度に若干の不安が。

金属加工が本職の私。自作するしかないでしょう!

 

さっそくCADで図面を引きます。各部の寸法は現物合わせで。

20㎜レイル部分は75㎜で設計しました。

形状が決まれば早速加工。

使い道のないアルミの端材を利用します。

加工工程は全3工程。

加工後はアルマイト処理。

こうして完成したものがこちら。

アルマイトは通常の黒とブルーイングをイメージした青みがかった黒の2パターン。

ブルーイングバージョンはちょっと青すぎたかも。

三八式歩兵銃に取り付けたものがこちら。

手元にあったスコープを載せてみました。

40㎜径の対物レンズのスコープがギリギリ干渉せずに搭載できます。

外観はアレですが、格段に狙いやすくなり満足!

では、また。

切削の可能性

木山製作所のスタッフブログです

モノ作り集団「K製作所」の活動も随時更新中!

デザフェス等イベント出展情報もこちら

2020.02.17
トルメキア軍自走砲 その2
2020.02.10
トルメキア軍自走砲
2020.02.03
効果的なひと手間
2020.01.22
モデリング
2020.01.08
新年あけましておめでとうございます
2019.12.27
2019年最後の出勤日
2019.12.23
安定加工のために
2019.12.18
ご依頼の品
2019.12.10
最適解は?
2019.11.29
ハンミョウver.2
2019.11.22
シリンダーヘッド
2019.11.08
S&T 三八式歩兵銃用レイルマウント
2019.11.01
両面テープという選択
2019.10.22
Toodle Spindles 実戦投入
2019.10.18
時は金なり
2019.10.08
鬼滅の刃
2019.10.02
削り出しビーズ
2019.09.24
プラチナコガネ ~完成編~
2019.09.18
ピアススタンドをつくる
2019.09.10
プラチナコガネ ~切削編~

切削の可能性バックナンバー

ご相談・お見積り依頼

NC旋盤加工のスペシャリスト、切削加工はお任せ下さい 047-311-2671 受付9時から17時まで 土曜、日曜、祝祭日は除きます。 無料相談はこちらから