切削の可能性|木山製作所のスタッフブログです|株式会社木山製作所

木山製作所のスタッフブログです

TUE 12 February 2019

暗黒面に身をゆだねよ その2

ライトセーバー製作 その2。

前回までに各パーツの設計が完了し、加工プログラムの作成まで行いました。

それではいよいよ加工開始。

ライトセーバーは円柱形状なので基本はNC旋盤による切削加工。

一部曲面で構成されたパーツだけは5軸加工機を使用します。

こうして出来たパーツ群。

組み合わせるとこんな感じ。

イメージどおりに仕上がりました!

あとは内部に基盤とLED、バッテリー、スイッチ等を仕込みます。

 

それともうひとつライトセーバーを再現する上で重要なパーツ。

光るブレード。

φ26ポリカーボネートのパイプに光を拡散させる為のフィルムを仕込み、先端に旋盤で切削して作った半球状のポリカーボネートを接着してブレードにします。

 

こうして完成したライトセーバーがこちら。

世界に1本だけのライトセーバー。

これぞ究極のファンアイテム。

 

旋盤とマシニングを組み合わせれば、どんなモノでも形に出来る。

それがこの仕事の面白いところ。

ちょっとでも興味を持ってくれたあなた、ウチの会社で夢をカタチにしませんか?

木山製作所はモノ作りが好きな人を歓迎します!

制作欲と言う名の暗黒面に身をゆだねよ。