木山製作所的毎日|最近の木山製作所、こんなことしてます|株式会社木山製作所

平成の総決算、そして新しい元号に変わる年。
記念に残る年になるといいなぁ…。

「日本のこと」の記事一覧

MON 15 April 2019

ついにその時が来た

ついに来た!!

『令和』納期の注文書。

遠い未来かと思ったけど、あと2週間なんだよね。

心の準備が追い付かず、なぜかちょっと動揺してしまった。

 

MON 01 April 2019

お祝いから始まる時代

【令和】

良いですね。

『人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ』

新しい時代を予感させる字でありながらも、日本がこれまで大切にしてきた日本人らしい文化形成を表した意味。

確実にジワジワキテマス(^o^)

誰もが一生のうちで数えるほどしか経験できない、新元号発表の瞬間。

【平成】が発表されるときは、喪に服すような空気が抜けきらない中でした。

しかし今回は、とても晴れやかに、お祝い感一色でこの瞬間を迎えられましたね。

 

満開の桜に彩られた街に、喜びの声が飛び交う光景が、とても清々しい。

新しい元号を笑顔で叫ぶ渋谷の若者達の映像が流れ、SNS上にはたくさんの感想が飛び交っている。

200年ぶりに、お祝いからスタートする新元号。

若い人たちが「良い時代だなぁ」と思えるような、時代にしたい。

渋谷の映像を見ると、心からそう思います。

MON 01 April 2019

みんなでサボった

11:20

全員で仕事をサボって、テレビ見始めました。

どうなるんだろう。

楽しみ(^-^)

SUN 24 March 2019

旋盤とCAM

数年前に立ち上げた、IT化プロジェクト。

社内のインフラ整備、デジタルリテラシー向上…

めげずに今も進めております。

 

少し進化して、プロジェクトは全製品CAD化の段階に来ている。

マシニングに比べ旋盤は、CAMによるプログラム作成で不向きな要素がまだまだ多い。

だからこそ、未知の可能性を秘めている。

どうなるかあれこれ考える前に、来たる完全自動化時代に備え、まずはデジタル化だ。

 

プログラムは「手打ち」で育った我々世代の、特に優秀な人の作るNC旋盤のプログラムは、合理的且つ人間的でとても美しい。

反対に、機械=CAMで吐き出されたプログラムは、どこかブコツで味気がない。

でも、そんな美しいプログラムを作る職人を育てるには、やっぱり10年かかる。

残念ながら、時代はそこまで待ってくれない。

今以上に、人間が人間らしい仕事に集中できるために、基盤を整えていこうと思う。

FRI 08 February 2019

北からの帰り道

北方面からの帰り道にもかかわらず、

富士山を拝むことができました。

いつ、どこから見ても美しい。

自然に感謝。

1 / 1112345...10...最後 »

木山製作所的毎日

平成の総決算、そして新しい元号に変わる年。
記念に残る年になるといいなぁ…。

2019.04.23
あれかぁ…
2019.04.22
神々しい
2019.04.15
ついにその時が来た
2019.04.06
カレー選手権
2019.04.01
お祝いから始まる時代
2019.04.01
みんなでサボった
2019.04.01
願いを込めて【昭和の根性論】
2019.04.01
新しい朝
2019.03.26
さて来週から、
2019.03.25
勢力拡大
2019.03.24
旋盤とCAM
2019.03.23
春霞
2019.03.22
献血
2019.03.21
ピンポンパンポンは19番
2019.03.20
プラス防犯
2019.03.18
基本は清掃
2019.03.17
ジワっと出てくる
2019.03.15
明るいサヨナラ
2019.03.04
雨の中スタート
2019.02.15
いつまでも

木山製作所的毎日バックナンバー

ご相談・お見積り依頼

NC旋盤加工のスペシャリスト、切削加工はお任せ下さい 047-311-2671 受付9時から17時まで 土曜、日曜、祝祭日は除きます。 無料相談はこちらから