木山製作所的毎日|最近の木山製作所、こんなことしてます|株式会社木山製作所

平成の総決算、そして新しい元号に変わる年。
記念に残る年になるといいなぁ…。

THU 31 January 2019

7年目の再訪

東日本大震災の津波によって流された写真の、洗浄のボランティアに参加したのは、大よそ7年前。

http://www.kiyamaseisakusyo.co.jp/blog/2012/11/?post_type=blog

その時以来の仙台だったので、以前に訪れた地域を再訪しました。

 

私が7年前に訪れたときは、ガレキの撤去が済んだ頃でした。

辺り一面何もないところ。

でも実はそこは密集した住宅が津波ですべて流された地区。

良く見れば、家々の土台が区画ごとに残され、各所に小さな花が供えられていたような、そんな状態の時でした。

 

そして今回、同じ場所を尋ねました。

カーナビには無い道を進むと、小高い場所に整備された地域に、奇麗な家が並んでいました。

2階まで浸水し、3時45分を示したままの時計が残っていた学校も、解体され近代的な立派な建物に変わっていました。

あの時の状態を知らなければ、ここが津波で流された一帯だなんて、信じることができないほど、町はきれいに整備されている。

仙台に近いこのような地域は、生活の復興は確実に進み、心の復興もずいぶん進んだのでは、と思わせる風景です。

 

でも、忘れ去られてしまうようで…

車で走っていた、だんだん怖くなってきました。

地元の人は「見たくない、思い出したくない」との思いが強いでしょう。

でも「何もなかった」みたいになってしまって、100年後、1,000年後の未来の子供たちに、伝えることができるのかなぁ…

部外者が思う、無責任な正論が、頭に浮かびました。

 

更に海に近いほうに進みました。

以前も訪れたこの辺りは、まだ7年前の道路や歩道が少し残っていました。

道路には、津波の持つ想像もできない強い力が、ガレキをかき回して作った大きな傷があちこちに。

津波の恐ろしさを、実感した場所でした。

ちょうどその道路が、掘り返されているところだったので、なんとも言えない気持ちになりました。

 

復興…

難しいですね。

地元の方々は、本当に苦労されていると思います。

木山製作所的毎日

平成の総決算、そして新しい元号に変わる年。
記念に残る年になるといいなぁ…。

2019.04.23
あれかぁ…
2019.04.22
神々しい
2019.04.15
ついにその時が来た
2019.04.06
カレー選手権
2019.04.01
お祝いから始まる時代
2019.04.01
みんなでサボった
2019.04.01
願いを込めて【昭和の根性論】
2019.04.01
新しい朝
2019.03.26
さて来週から、
2019.03.25
勢力拡大
2019.03.24
旋盤とCAM
2019.03.23
春霞
2019.03.22
献血
2019.03.21
ピンポンパンポンは19番
2019.03.20
プラス防犯
2019.03.18
基本は清掃
2019.03.17
ジワっと出てくる
2019.03.15
明るいサヨナラ
2019.03.04
雨の中スタート
2019.02.15
いつまでも

木山製作所的毎日バックナンバー

ご相談・お見積り依頼

NC旋盤加工のスペシャリスト、切削加工はお任せ下さい 047-311-2671 受付9時から17時まで 土曜、日曜、祝祭日は除きます。 無料相談はこちらから